5月の「春の慰霊祭」、8月の「夏まつり」、さらに3月と9月の「永代供養慰霊式」は会員をはじめ地元の方々が大勢参加され、また、秋の合祀慰霊式はご遺族をはじめ関係者多数が参列して「御霊」を慰霊いたしております。

夏まつり (毎年8月第1土曜日開催)

 午後5時の雷玉を合図に夜店が立ち並ぶ中央広場で、地元「新みころも太鼓」の勇壮な音が苑内に響き渡り、まつりが始まり、引き続き「琴伝流大正琴」や歌手による日本・心の歌、ピエロのバルーンショー等が催されます。
 午後7時からはご遺族や関係者による提灯行列が祭祀堂前から中央広場までつづき、到着した後、御霊が永遠に安らかであることを願い霊堂に向かって提灯を掲げて拝礼し、それぞれの思いを込めた願木が火焚器に投入されます。
 そのあと花火の打上げが始まり、大輪の花が夜空に開くたびに賑やかな歓声が苑内にこだまして、まつりはクライマックスに達します。最後は「ナイアガラの滝」の仕掛け花火で終り、参加者が三々五々と散って、やがて苑内は元の静けさをとりもどします。
(注)令和2年は東京オリンピック(令和3年に延期)の為8月10日となりました。
 なお、令和2年度は、新型コロナウイルス感染症問題のため、従来の夏まつりは止むを得ず中止となりました。
 そのため、「令和2年度春夏合同慰霊式典」として、8月10日に規模を縮小した上で、式典のみ開催いたしました。
 詳細は「令和2年度春夏合同慰霊式典」をご覧下さい。
池面に映える霊堂と大灯篭
拝礼
祈りを込めて願木投入
夜店もある広場で憩う大勢の参加者達

令和2年度春夏合同慰霊式典

 新型コロナウイルス感染症問題について、その収束時期が不透明で感染拡大防止対策が必要な状況が継続していることを考慮して、止むを得ず当奉賛会の恒例行事を抜本的に見直すこととなりました。
 高尾みころも霊堂の「春の慰霊祭」(5月開催のところ中止)及び「夏まつり」(例年8月開催)について、感染防止対策を行った上で規模を縮小し、各種イベントはすべて中止とし、御霊慰霊に係る式典のみの「春夏合同慰霊式典」として、8月10日(月)に遺族休憩所にて開催いたしました。当日は事前に参列希望のあったご遺族並びに来賓等のご出席をいただき、厳粛な雰囲気の下で御霊を慰霊申し上げました。