産業殉職者霊堂(高尾みころも霊堂)

霊堂構造図
拝殿(11階)
 霊堂のシンボルゾーンであり、産業殉職者の霊位がご奉安されています。
 常に灯されている永遠の灯は御霊を光明の世界に導くとともに、拝殿の周囲には「日光像」、「天地像」、「月光像」が安置され、「静進(あゆみ)」、「曙光」の絵画が展示されています。
産業殉職者の霊位
日光像
天地像
月光像
展望室(10階)

 展望室のある10階には御霊簿収蔵保管室が設置されており、昭和22年7月以来今日までの産業殉職者のお名前を記した「御霊簿」が大切に納められております。
 なお、展望室からは、多摩御陵の森と高尾周辺の街並みが見渡せ、眼下には霊堂庭園の全景が一望できます。晴天日は遥かに新宿新都心の高層ビルも見渡せます。

御霊簿収蔵保管室
展望室
祭祀室(9階)
 ご遺族の方々が慰霊を行うための部屋です。
 仏教の方のために、釈迦如来と阿弥陀如来の仏壇があります。
 神道の方のために、神殿があります。
 キリスト教の方のために、祭壇があります。
霊堂にお祀りする霊位(奉祀之霊位)を、天人像がお守りしています。
祭祀之霊位
納骨室(4階~8階)
 産業殉職者のご遺骨を収蔵しております。
また、一般勤労者のご遺骨もお預かりいたしております。
7F EV前
8F EV前