霊堂

産業殉職者霊堂奉賛会の概要

 産業殉職者霊堂奉賛会は、霊堂の運営に協力するため昭和50年8月に「尾みころも霊堂奉賛会」として活動を始め、その後平成5年に労働大臣(現厚生労働大臣)の許可を受け「財団法人産業殉職者霊堂奉賛会」としてご遺族や関係労使・団体や多くの企業のご協力を得て慰霊敬仰事業や環境美化等の奉賛活動を行ってきましたが、平成24年4月に内閣総理大臣の認定を受け新たに「公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会」として発足しました。

奉賛会の事業

 奉賛会が行っている主な事業は次のとおりです。
産業災害根絶の誓い
産業殉職者の御霊よ安らかに
慰霊敬仰の事業
 春の慰霊祭を5月に、夏まつりを8月に開催し、御霊をお慰めしております。
 ご遺族はじめ関係者など多数の方々が参列されます。
 毎年秋に開催される産業殉職者合祀慰霊式では窓口を設け納骨等のご相談にお応えしています。
 また、産業殉職者を慰霊顕彰し、産業災害の根絶を誓うため、祭祀堂横に「慰霊顕彰碑」を建立し(平成23年)、毎年の奉安者数を刻んでいます。
環境整備の事業
 霊苑内の環境整備・美化に努め、祭壇への供花など行っています。また、御霊をお慰めするとともに参拝されるご遺族の癒しの場となるよう苑内に全国都道府県を代表する県木を集めた「故郷の森(ふるさとのもり)」を造成しています。
相談支援の事業
 ご遺族の皆様のさまざまなご相談に応じるとともに、ご遺族に代わってご命日などに代理参拝を行うほか、会員証の利用による宿泊割引制度などを実施しております。
会員相談窓口
代理参拝
産業災害の防止に関する普及啓発の事業
 労働災害防止団体、安全衛生団体等と協力して、労働災害の防止に関する普及啓発に努めています。
広報交流の事業
 「春の慰霊祭」、「夏まつり」での交流の他、「奉賛会会報」(毎年11月)の発行及びウェブサイトを活用し、奉賛会の活動を広く社会にお知らせするとともに、「会員のひろば」を設けて会員の皆様の交流をはかっています。